株式会社大西総研

「お金・人・就業規則」を最適化し、「幸せ」を最大化する。

さぁ、仕事を面白くしよう。

幅広い業種、様々な規模の会社をサポート

顧問数108社。代表役員他スタッフ10名。

定期的に面談

「財務」や「採用」の改善提案も実施

全国各地でセミナー・講演も開催

社労士事務所研究会のゲスト講師など、「先生の先生」としても活躍

「労働基準監督署の調査が来た!」という方へ

当社へのご相談のキッカケの多くが、
●労基署から調査の知らせが届いた
●是正勧告に、どう対応すればいい?
といった、労基署関連のものとなっております。

御社もお困りであれば、まずは以下のページをご覧ください。

サービス一覧

私たちについて

最新のブログ記事

雇用調整助成金の申請における3つの選択肢

雇用調整助成金の申請における3つの選択肢 簡素化書式によって申請する 通常通り申請する(労働保険料の申告書で計算) 通常通り申請する(源泉税の納付書で計算) 上記の①②③のどの方法で申請したら、企業にとって一番得するのか...

雇用調整助成金のこれまでの「現状」を整理

雇用調整助成金の「現状」を整理 支給率に関して 「都道府県知事等の要請を受けて休業した業種」と「それ以外の業種」とで助成金の支給率が違う 「解雇等がある場合」と「ない場合」でも助成金の支給率は違う 「休業手当の支給額」や...

雇用調整助成金「手続きの簡素化」について

一昨日に発表された雇用調整助成金「手続きの簡素化」についてです。 申請書類は簡素化されました。計画届の提出や協定書が不要になりました。 でも、申請のハードルがそれほど低くなってないようです。 理由としては、 計画届の提出...

雇調金迷走中

GWを過ぎてから、さらに雇用調整助成金がどんどんおかしな方向にいっておるようです。 厚生労働省では、東日本大震災の際に導入した「みなし失業」の仕組みを使う方向で検討を始めたようです。 この理由は、 ・雇調金の申請手続が複...

雇用調整助成金二転三転

連休明けには雇調金の「特例の特例」が発出されるとのことです。 雇調金の申請に関しては、「雇用の維持」と「所得補償」のとちらを優先させるのか? これまで通り雇調金の枠組みで申請手続きをするとなると、現場では様々な問題が発生...

雇用調整助成金の受給手続きのポイント

雇用調整助成金の受給に関して一番の大事なところは 「休業計画の立て方」や「労使協定の締結」です。 雇調金の申請において、一番のポイントになるのはここなのです。 しかし、厚労省のビデオや記入例を見ても、そのことに関する詳し...