株式会社大西総研

代表あいさつ

社長が幸せじゃない会社は、社員も幸せじゃない。

はじめまして。
代表社労士の大西英樹です。

私は、「まずは、社長に幸せになってほしい」と思っています。

仏教の考え方に、「二利(にり)」というものがあります。

簡単に言えば、「自分の利益も、他人の利益も、どちらも大事ですよ」ということです。

このうち、まず大事なのは「自分を満たすこと」だと思います。

お金も幸せも、「無い袖は振れない」

なぜなら、お金も幸せも、「無い袖は振れない」からです。

多くの社長が、最初は楽しそうに起業したのに、いつのまにか「日々の数字」「社内の問題への対応」に追われ、仕事が楽しくなくなっていく。

そうなると、言葉がアレですが、「やってあげている感」になってきます。

  • 自分はこれだけ頑張って、顧客に貢献して「あげている」
  • 毎日、汗水たらして、社員のために頑張って「あげている」

これは、知らず知らずのうちに、周りに伝わっていきます。

これは、真の意味で「貢献」とは言えません。

私は、幸せの伝播は、「コップと水」のようなものだと思っています。

  • まず社長が幸せになると、社長のコップが幸せで満たされる。
  • そのコップから、幸せが溢れ出る。
  • それが社内に行き渡っていって、従業員の皆さんも幸せになる。

これが、真の意味での「貢献」だと感じています。

そのために、人事労務や労働法務を通じてサポートし伴走していくことが、自分自身の役目であると感じているのです。

まずは「時間」と「お金」の余裕を作る

私は、幸せのためには、

  • 時間の余裕
  • お金の余裕

の2つが大切だと思っています。

そして、当事務所のサービスを通じて、御社が「時間」と「お金」に余裕をもてる状態を作ることで、御社の幸せに貢献できる。

そう考えています。

「時間」の余裕

簡単に言えば、私は、

  • 社長が、自分がやりたいことに集中できる環境を整えたい
  • 従業員の方々が、余計な業務に時間を取られず、一丸となって前進できる環境を整えたい

と思っています。

そのために、人事労務・労働環境整備を一手に引き受けられる顧問契約型のサービスを提供しています。

これにより、就業規則や労働書面などのメンテナンスといった煩わしい作業は、すべて当事務所にアウトソーシングして頂けます。

日々起こる労働トラブルなどを、書面に適切に反映させていくなどして、将来のリスクを予防していきます。

こうすることで、御社に「時間」の余裕が生まれていきます。

「お金」の余裕

お金の不安がある状態は、幸せとは言えません。

  • 賃金制度・昇給・退職金制度を改善し、総額人件費を最適化していく
  • 手取りの最大化と負担の最小化
  • 社長が年金をもらい、会社にもお金が残るように最適化していく
  • 助成金を活用できるよう、最新情報をご提供する

こういったサポートによって、御社に「お金」の余裕が生まれていきます。


上記のようなサポートを通じて、御社の幸せに貢献していきます。

ではなぜ私が、このように「幸せ」にフォーカスするようになったのか?
そもそも、なぜ私が、社会保険労務士を目指そうと思ったのか?

それには、とあるキッカケがあったのです。

経営者である父親を、救いたかった

私がまだ幼かった頃。

私の父親は、損害保険の代理店の個人事務所を営んでいました。

父親は、満期更新と事故処理に追われて、いつもバタバタしていました。

頑張って働いているのに、売上は伸びず、いつもお金に困っていました。
人を雇っても育たない、すぐ辞めてしまうので、いつも父親自身が動いて働いて…
とうとう、過労で倒れてしまったのです。

そのようなタイミングで、白羽の矢が立ったのが、長男である私でした。
当時私は、損害保険会社の内勤総合職で勤務していたのですが、実家のピンチのため声がかかり、戻ってきたのです。

24時間事故の当番ができるよう、当時めずらしい携帯電話を持たされたのを、今でも覚えています。

そして、父親の事業所で働くことで気づいたのが、

  • 労働系の法律を、父親も私もまったく知らなかった。
  • 組織づくりができなかった。というより、知識がなかった。
  • 法律を無視して我流で従わせようとしたから、上手くいかなかった。

ということでした。

『規模に関係なく、会社の皆が幸せになるには、法律に基づく仕組みづくりが必要なんだ』

実体験から、強くそう思いました。

この経験を経て、「法律に基づく仕組みづくりができるプロになりたい」と思い、社会保険労務士を目指し、今に至ります。

今思えば、「父親を救いたかった」という思いが、今の自分を作っているのかもしれません。

  • 父親のような、「働けど働けど、暮らし楽にならず」のような社長を減らしたい。
  • そして、その会社の従業員の方も、豊かに幸せに暮らせるようにしたい。

このような想いで、日々仕事に邁進しています。


私がこれまで学んできた知識や経験が、人や社会の役に立つなら、大西としてこれほど嬉しいことはありません。

御社とご縁をいただき、共に伴走させて頂けたら幸いです。

御社からのご連絡を、心からお待ちしております。

代表プロフィール

(所長)大西 英樹

経歴 愛媛県出身。大手損害保険会社、内勤総合職を経て社会保険労務士に。
1997年に社労士登録。中四国を拠点に活動。
マネー・ファイナンスにも精通しており、週間ダイヤモンド・サンデー毎日など執筆協力多数。
人事労務対策、残業対策、人件費まで幅広く業務をこなす。
銀行・保険会社・ 研修会社主催のセミナーでの講師など多数の講演実績がある。
趣味 旅行(温泉巡り、海外リゾート)
好きな本 道は開ける
好きな言葉 ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。
仕事にやりがいを感じる瞬間 チャレンジしたことがカタチになったとき
出身 愛媛県川之江市
生年月日 1964/5/26
血液型 B型
保有している資格 社会保険労務士
行政書士
フィナンシャルプランナー
キャリアコンサルタント

メディア掲載実績

社会保険労務士やファイナンシャルプランナーとして活動してきた中で、これまでに受けた取材や執筆依頼の一部を、以下にご紹介させて頂きます。

サンデー毎日(毎日新聞社)

「男手ひとつ」のマネー対策
もし妻が倒れたらに執筆

月刊 MONOQLO(晋遊舎)

保険見直し!辛口ガイドに執筆

朝日新聞(朝日新聞社)

週間まちぶらに出演

週間 ダイヤモンド(ダイヤモンド社)

安心の保険 生保 損保 共済 入り方と見直し総点検に執筆

月刊 MONOQLO(晋遊舎)

ムダのない、震災の強い損保・生保に執筆

講演・セミナー実績

アフラックセミナー@松山

アフラック生命保険株式会社の社員様向けに、セミナーをさせて頂きました。

富士火災海上保険セミナー @広島

富士火災海上保険広島支店の社員様向けに、セミナーをさせていただきました。

アクサ生命セミナー@愛媛

アクサ生命保険(株)の営業マン様向けに、サービス力向上のための研修として障害年金セミナーを開催させていただきました。

愛媛大学 総合医療支援室セミナー

愛媛大学総合医療支援室よりご依頼いただき、障害年金に関するセミナーを行いました。

経営戦略セミナー@船井総研 in 東京&大阪

株式会社船井総合研究所の社会保険労務士向けセミナーに、講師として講演依頼を頂き、講演を行って参りました。専門家向けのセミナーでも講師をしています。