相続・事業承継

2段階の名義変更

更新日:

法人の経営者で、相続・自社株などの事業承継対策として保険金を確保しておきたいという方は、

長期平準定期保険を払済にして保障を確保しておけば良いです。

さらに、もうひとつ加えますと、2段階の名義変更が考えられます。

<第一段階>退職時

契約者:法人→社長

被保険者:社長

受取人:法人→後継者親族

で保険にはいります。そのまま払済保険にします。

<第二段階>払済後

契約者:社長→後継者親族

被保険者:社長

受取人:後継者親族のまま

この払済定期を毎年減額すれば、「みなし贈与プラン)」が完成します。

これを110万円の非課税枠内で使えばいいわけです。

※払済後の取り扱いは保険会社によって異なりますので、加入の保険会社に事前にご確認下さい。

この2段階名義変更を活用すれば、後継者に法人のお金を効果的にうつせます。

低解約返戻金型定期保険ならば、特性を活かして低評価で渡せば、その後はいろいろな活用術が考えられます。

社労士・行政書士 大西英樹

-相続・事業承継

Copyright© 大西社会保険労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.