株式会社大西総研

軽油・ガソリン高騰と2023年12月18日給油所小売市況調査等につきまして

  1. いつもお世話になっております。

    ご参考に、資源エネルギー庁2023年12月20日発表の2023年12月18日給油所小売市
    況調査等を添付送信させて戴きます。

    (1) 2023年12月11日現在、運送業のトラック等で使用する軽油の補助金無しの全国平
    均価格は174.3円と高騰しておりますが、1リットル当り14.7円の補助金により
    実勢価格は154.7円となっております。

    (参考) 直近(2023年12月14日~12月20日)の支給額14.7円/リットルの計算例
    (添付:軽油・ガソリン全国平均価格への激変緩和事業の効果)

    来週の予想価格189.5円-基準価格168円=21.5円
    直近(2023年12月14日~12月20日)の補助率
    17円までの部分は60%、17円超部分は100%
    支給額14.7円=17円×60%+(21.5円-17円) ×100%(10銭未満切捨て)

    なお、ガソリン価格で計算した上記の支給額は、軽油、灯油、重油、航空機燃
    料にも適用されます。

    (2) 同様に、レギュラーガソリンの補助金無しの全国平均価格は208.1円と高騰して
    おりますが、1リットル当り29.7円の補助金により実勢価格は173.4円となって
    おります。

    (3) 2022年1月27日以降、レギュラーガソリン価格が全国平均で1リットル170円を超
    えると最大5円の範囲内で燃料油価格激変返還和事業として補助金が支給され、
    ガソリン、軽油、灯油、重油、航空機燃料の価格が抑制されておりました。
    2023年6月以降からは段階的に縮減され2023年9月で終了となる予定でしたが、
    12月まで延長、さらに2024年4月まで延長され(2023年9月7日からは168
    円を超えると、17円超過分は全額、17円以下は10月4日までは30%・10月5
    日から12月31日までは60%補助(添付:資源エネルギー庁:燃料油価格の激
    変緩和事業の推移))その後は段階的に縮小されますので、価格高騰のリスクが
    あります。

    (参考) 2023年9月以降の補助金の段階的縮減等
    ・「来週の予想価格-基準価格168円」の17円までの部分は段階的に引上げ
    9月7日から10月4日までは補助率を30%、10月5日から12月31日までは60%
    ・「来週の予想価格-基準価格168円」の17円超の部分は9月7日から12月31日ま
    で補助率100%

    (4) 軽油及びレギュラーガソリンの給油所小売価格調査は、毎週公表されております
    ので、前回のメールから5週間分が追加されており、2023年12月18日の全国平均
    で、補助後の軽油は154.8円(前回2023年11月13日は153.2円で1.6円の上昇)、
    補助後のレギュラーガソリンは175.1円(前回は173.5円で1.6円の上昇)と高止
    まりの状況となっております。

    (5) 運送業等では、資源エネルギー庁の資料を客観的な裏付け資料として依頼業者に
    提示して値上げ交渉される事をお勧め致します。

    (6) 他の業種等におかれましても、各種燃料による原価上昇等を加味しながら納入販
    売価格の決定に役立てて戴き、また、納入先様への客観的裏付け資料としてご活
    用される事をお勧め致します。

    (7) また、決算書に加えて、毎月の試算表による燃料費の増加の数値的チェックが必
    須です。

    (8) ご参考に、「ガソリン・軽油の税金等.pdf」を添付送信させて戴きます。

    以上、よろしくお願い致します。

社労士大西英樹

軽油・ガソリン高騰と2023年12月18日給油所小売市況調査等につきまして
この記事が気に入ったら、いいね!
軽油・ガソリン高騰と2023年12月18日給油所小売市況調査等につきまして
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Send to LINE